結婚式電報が欲しい場合 祝電依頼について

「結婚式で電報が1件も来ないなんて恥ずかしい」

確実に来るものでもありませんが、結婚式電報は出来れば欲しい物です。
出来れば多くの電報が来ると嬉しいですね。
しかし、「結婚します、電報を送ってください」では明らかに失礼でマナー違反です。
祝電をくれなどと言われれば気分を害してしまいます。


例えば、会社に勤めているのであれば結婚式を挙げる旨を伝えれば電報を打って下さる会社が多く存在すると思います。
会社の規模などにもよりますが、規定で「結婚式を挙げる際には結婚式電報を打つ」と定めている会社もあります。
自分の勤める会社から結婚式電報をもらいたいのであれば、規定などを確認した上で直属の上司や総務部などに電報が欲しいことを相談してみましょう。


また親しくしている友人には、電報を送ってほしいことを直接伝えてもいいかもしれません。
親しく付き合いのある友人で、かつまだ結婚式まで時間がある時に限りますが。
仲間内であった際に頼めば、友人達で楽しく文面を決めてくれるかもしれません。


基本的には、直接結婚式電報が欲しいので送ってくれというのは非常識です。
あくまで気持ちであり、費用や手間がかかることから強制できるものではありません。
あまり馴染みのない友人知人や取引先の会社などに、やみくもに祝電依頼をすることは絶対にやめましょう。
またどんなに親しい友人であっても前日にいきなり電報を送ってほしいなどというのも失礼ですのでやめましょう。


結婚式で電報が読み上げられないことは多々ありますし、仮にその件数が少なくても出席者は気にもしません。
件数が少ないのがどうしても気になるのなら、読むのをやめてもらうなり「代表して1通読み上げさせていただきます」と司会の方に言ってもらいましょう。
せっかくの祝いの場。
気持ちの押し付けは明確なマナー違反ですので、絶対にやめましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。