電報を読む場面から考える文面とマナー

結婚式電報の文面は、改まった正式な場であることや字数の制限があることなどから何を書くか悩んでしまうこともあるかもしれません。
そこで新郎新婦に「いつ読んでもらいたいか」を切り口に文面を考えてみるのも1つの手段かもしれません。
内容はもちろん、読む場面を想像し相手を気遣うのもまたマナーであると私は考えます。
結婚式電報の文面を場面ごとに考えながら、注意点も見ていきましょう。


結婚式電報をいつ読んでもらいたいか。
それによって電報の内容はもちろん、送る時期なども変わってきます。
式場で司会の方に読んでもらうのであれば、正式な場であり、新郎新婦だけでなくその親族や会社の方々などを意識した内容にしなければなりません。
2次会、3次会であれば周りの目があることは意識しつつも、少し砕けた内容でもいいかもしれません。
式前に読んでもらいたいのであれば、式場の控室に式の前に結婚式電報が届くように送らなければなりません。
前日に送ったのでは間に合わない可能性があるため前もって電報を送る必要があります。
しかし内容は、新郎新婦2人だけに当てた個人的なものでも問題はないでしょう。


また結婚式電報を式の最中ではなく、式が終わった後に送る場合もあるでしょう。
その場合は送り先は式場ではなく新居になります。
したがって事前に新居の住所を聞いておかなければなりません。
式が終わった後に結婚式電報を送るので、式の感想を入れると受け取った新郎新婦は嬉しいでしょう。
式に参加できなかった場合は、参加した知人や友人に式の様子を聞きましょう。
内容は個人的なものでよく、かつ多少長くなってしまってもいいと思います。


結婚式電報を送りたい、でも内容が思いつかないという方は新郎新婦にいつ読んでもらいたいかを考えると、文面が浮かんでくるかもしれません。
また内容が決まっている方も、いつ読んで欲しいかは考えましょう。
式前に長い電報を送ったり、式で読み上げる電報が周りの目を無視したものではマナー違反です。
相手のことを考え、気遣うのがマナーです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。