結婚式電報 新郎新婦それぞれに送るべき?

結婚式電報を送る際、新郎新婦それぞれに送るべきか迷うことがあるかもしれません。
新郎新婦それぞれと顔見知りである場合もありますが、新郎新婦どちらかだけと知り合いである場合もあるでしょう。
それぞれに送るとは「新郎新婦両名の名前を書いて送る」と「新郎新婦それぞれに個別に送る」2つのパターンが考えられます。


「新郎新婦両名の名前を書いて送る」
結婚式電報を送る方が新郎新婦の片方としか面識がない場合ですね。
webなどで結婚式電報を申し込む時、新郎新婦両名の入力欄があって戸惑うかもしれません。
どちらかとしか面識がない場合には、新郎新婦のうち片方のみの名前で結婚式電報を送っても全く問題ありません。
両名の名前を入れると、面識のない方を混乱させてしまうかもしれません。
新郎新婦それぞれの名前を入れても、もらった新郎新婦のどちらかが送り主を見て判断出来ます。
しかし、混乱させてしまわないように面識のある方の名前だけ入れたほうが無難かもしれません。


「新郎新婦それぞれに個別に送る」
これはそれぞれと深い付き合いがあり、新郎新婦それぞれに伝えたいことがある場合でしょうか。
電報で長々とメッセージを書くことは避けるべきであり、これはやらないほうがいいでしょう。
新郎新婦それぞれと面識がある場合には、面識の程度にもよりますが2人まとめて送った方がいいでしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。