新婦から新郎へ サプライズ結婚式電報

結婚式では特に新婦が主役である場合がほとんどでしょう。
そこであえて新婦から新郎へサプライズで結婚式電報を送ると、より忘れられない結婚式になるかもしれません。
司会者の方など式場の方々に協力いただき、新婦から新郎へのメッセージを読み上げてもらいます。
あえて差出人などを入れない方が「誰からのメッセージだ?」とサプライズ感が出るでしょう。
メッセージの内容は結婚式を1つの区切りとして考えるといいでしょう。
今までのエピソードや感謝の気持ちなどこれまでの話と、これからどういう家庭を築いていきたいというこれからのことを書いていくといいでしょう。
メッセージを読み上げていけば、だんだん誰からの結婚式電報なのか会場の人に伝わり盛り上がるでしょう。


ただし何点か注意しなければいけない点もあります。
まず披露宴で読み上げてもらう場合、その内容には注意が必要でしょう。
上司の方や親御さんもいることを考え、2人の世界に入ってしまうような内容は避けるべきでしょう。
また電報を読み上げるタイミングです。
サプライズ感にこだわり過ぎて、変なタイミングで電報を読み上げると流れを中断してしまうかもしれません。
披露宴で読み上げてもらう場合には、他の結婚式電報の最後やお色直しで中座する時がいいタイミングかもしれませんね。
ただ中座するタイミングだと新郎の反応が見れなくなります。
中座して戻ってきた後の方が、サプライズ感が出ていいかもしれませんね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。